スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

保育士と幼稚園教諭との違い

1、管轄が違うから資格も違う

保育所=厚生労働省が管轄する児童福祉施設です。
幼稚園=文部科学省が管轄する学校教育施設。

保育士資格と幼稚園資格が違うことは以前、説明をした通りです。


2、教育と保育の違いとは(入園条件の違い)


保育園は0歳から預けることが可能です。
(認可園には0歳児枠がないところもあります。)

しかし、入園条件として保護者が仕事や病気などで保育に欠ける状態ということが条件です。

つまり保育園=家庭で保育が出来ない事情の子どもたちを保護者に代わって預かるということです。
保育園では、お母さんが主婦として家にいる場合は預けることができません
(子どもが保育園に預けている間に下の子どもが生まれて育休中の場合は認められます。)


幼稚園は入園に必要な条件はありませんが、『教育』が目的の施設なので3歳からの入園になります。
しかし、幼稚園は園と家庭の個人契約となるので受験が必要な幼稚園もあります。その場合は合格しなければ入園はできません。

つまり幼稚園=特に条件はないけれど定員を超えている人気のある幼稚園は試験があります。




3、預ける時間について

保育園=原則1日8時間 (標準時間は11時間。必要に応じて延長保育あり。)
幼稚園=1日4時間基準 (園によっては習い事等を保護者の希望で幼稚園で行うこともある)


幼稚園では10時~14時のお昼のみの時間帯で子どもを預かることになります。(園によって異なる。)
保育園では働く保護者の時間にあわせて子どもを預かることになります。

また8時間預かることで子どもが成長するためには必要な『給食』『お昼寝』『おやつ』といったことも日中の保育園生活の中で行われます。


その他にも違いはまだまだあるのですが、上述のように保育園と幼稚園は似ているようで全然違うのです。


3、認定こども園の存在

平成18年より制度化された認定こども園ですが、平成25年あたりから増え始めました。
それまでは保育園と幼稚園の2極化でしたが、この認定こども園の存在により3極化したというのが今の業界の形です。

認定こども園は様々な経緯と認定こども園の中にも複数の種類があり一言で説明するのはなかなか難しいですが、一言で言えばこれも『待機児問題』が大きな要因になっています。

また誤解を招く表現は出来るだけ控えますが以下の3点から認定こども園に移行している例が多いです。


・少子化による社会情勢を踏まえて幼稚園が認定こども園に移行。

・少子化による社会情勢を踏まえて地方の保育園が認定こども園に移行。

・待機児童増により無認可保育園が認定こども園に移行。


簡単に言えば、幼稚園と保育園の機能をあわせもった施設であり、少し具体的に言えば・・・
『就業中の保護者』と『就業をしていない保護者』がそれぞれ同じ施設に子どもを預けている施設ということです。

この場合『保育教諭』という名目で保育士資格と幼稚園教諭の両方の資格を取得している方が働いていることが多いです。
(片方の資格だけで働いている方もいます。)



<保育士になりたい 夢は保育士 保育士資格所得 TOPへ> 


スポンサーサイト
10 : 54 : 15 | 保育園と幼稚園の違い | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
保育士の仕事内容 (1)
保育士資格取得 (1)
保育園と幼稚園の違い (1)

注目の保育士サイト


注目男性保育士の保育関連サイト

現役保育士が伝える最新保育情報

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注目の保育関連資格

メールフォーム


名前:
アドレス:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。